浮気相手に慰謝料を請求するために大切なこと

パートナーの浮気が発覚してもすぐに離婚という決断ができない人も多いでしょう。
子供がいる場合や今後の生活を考えると必ずしも離婚をすることが正しいとは言い切れません。

 

 

しかし、浮気の事実に対する怒りも相当なものですので、
中には怒りを鎮めるためにも浮気相手から慰謝料を請求してやりたいと思う人もいるでしょう。

 

 

浮気相手に慰謝料を請求するということは、自分のやり場のない怒りをどうにかしたいという意図もそうですが、
浮気相手にパートナーとの関係を断ち切らせるという意味でも重要なことにもなります。

 

 

そういったケースで浮気相手に慰謝料を請求するために大切なことは専門家の力を借りることです。
まずは探偵に浮気の決定的な証拠を掴んでもらうことから始めましょう。

 

 

自分で浮気調査をすればある程度浮気をしているだろうと思える証拠を集めることはできるかもしれません。
しかし、裁判にまで発展した時にでも使える決定的な証拠という点ではなかなか素人には難しいでしょう。

 

 

浮気調査を得意としている探偵であれば、どのようなものが証拠となるのはもちろんのこと、
それを掴むためには何をすればいいのか、裁判で使える資料としてまとめるなどノウハウをしっかり持っています。

 

 

もう一つ、浮気相手に慰謝料を請求するのに欠かせないのが弁護士の存在です。
探偵に依頼をして決定的な証拠を掴むことができれば後は浮気相手との交渉になります。

 

これを自分で行うには専門的な知識を詰め込まなければいけませんし、精神的にも苦痛が伴うでしょう。
相手側からしても弁護士から受任通知が届くのとただの手紙が送られてくるのとではプレッシャーが違います。

 

 

慰謝料の金額に関しても弁護士に任せれば過去の裁判での同様のケースにおける慰謝料の金額などを示し、
相手を納得させて支払わせるという交渉術も持ち合わせています。

 

 

どちらの専門家も依頼するにはそれなりの費用はかかりますが、慰謝料請求に成功すれば
おつりがくることも十分に考えられますし、精神的にもずっと楽でいられるでしょう。

 

最後は違約金を設定し、交渉した内容で浮気相手に公正証書をかかせれば同じ行為を繰り返すこともないでしょう。