浮気調査を探偵に依頼する目的

パートナーが浮気をしているかもしれない・・・。
初めは何かささいなきっかけがあって疑っていただけだけどどうやら黒の可能性が高い。

 

 

そんな時に必要になってくるのが浮気の決定的な証拠です。
疑いを持っている段階でパートナーを問い詰めたところで認める人は少ないものです。

 

 

そこで決定的な証拠を突きつければ認めざるを得ない状況になります。
浮気の証拠集めは自分でもすることができますが、そんな時に力になってくれるのが探偵です。

 

 

では、探偵に浮気調査を依頼している人はどのような目的があるのでしょうか?
ある探偵事務所の資料によると、探偵に浮気調査を依頼する目的として最も多いのは
「離婚を自分に有利に進めるため」なのだそうです。

 

 

次に多いのが、「浮気相手に慰謝料を請求するため」
そして次が「浮気をしているかどうか白黒ハッキリさせるため」なのだそうです。

 

 

自分で浮気の証拠を集めるとそれ自体が難しいのはもちろんですが、
中には浮気をしているのはほぼ間違いないけれど、それが証拠として法的に認められるかどうかと
いうようなことはなかなか素人にはわからなかったりします。

 

 

そこで、浮気が発覚した後にどうするか?という目的がハッキリしている人ほど
証拠集めは探偵に依頼して確実に物事を進めて行くという思考になるのだと思います。

 

 

探偵の浮気調査は基本的には尾行と証拠写真の撮影ですがやはりプロの調査力は侮れません。
ある程度の費用を割いても確実に浮気の証拠を手に入れたいという人ほど探偵を利用しているようです。
ただ探偵に浮気調査を依頼して黒だったとしてもその後の生活などを考えて復縁をする人も多いようです。