探偵に必要な資格について

探偵になるために必要な資格というのもはないため、就職することができれば、その日から探偵として働くことができます。

 

しかし、今後探偵として独立していきたい、仕事の幅をもっと広げてたいというのであれば、やはり資格を取っておいたほうが有利な場合もあります。
たとえば、探偵業は法律の知識は業務をおこなう上で非常に役になってくるスキルの一つと言えます。
特に、民事問題に関連した法律は、実際に手がける機会がなくても知っておくだけでも非常に勉強になる。

 

また、自分の事務所をかまえている方の中には、行政書士の資格を持っている人も多く、こうした資格を持っていると、顧客からの信頼も高まり仕事をする上でも非常にメリットが大きいため、スキルアップを考えている場合は、行政書士の勉強だけでもしておくとをおすすめします。

 

 

独立開業までは考えていない人にとっては、どうすれば就職できるか知りたいところだと思います。
先ほどもいいましたが、特に資格と言うものはいらないのですが、少しでも採用するために取得しておいた方がいい資格として、自動車免許は持っておいた方がいいでしょう。

 

また、尾行の場合、渋滞によって車での追跡が困難なこともあるため、2輪免許があると事務所にとっても重宝されるので取っておいて損はないでしょう。

 

 

また、専門学校へ通うという選択肢もあります。
探偵を養成する専門学校というのがあるので、そこに通うことで探偵のイロハについて学べるだけでなく、就職の斡旋もしてくれので就職に有利になります。