浮気をやめさせる方法

パートナーに浮気をやめさせることはできるのでしょうか?
浮気癖という言葉がある通り、悪気もなく習慣化している人も世の中にはいるので
そういった人に浮気をやめさせるのは至難の業ということができるでしょう。

 

 

浮気癖を治すのは難しいですが、もし今パートナーが浮気をしている場合、
浮気相手と別れさせるための方法というのはいくつかあります。

 

 

言い方を変えればこれも浮気をやめさせる方法と言えるのではないかと思います。
浮気をやめさせるためには浮気相手に慰謝料請求をすることです。

 

 

そして、その後に次同じ事を繰り返したら違約金を支払ってもらうという契約をするのです。
場合によっては連絡を取ったら、二人きりで会ったらでもいいでしょう。

 

 

この契約は口約束や自分で作った契約書ではなく公正証書にしておきます。
ここまでするとよほどのことがない限り、浮気相手のほうは引きます。

 

 

よってパートナーは浮気相手を失うことで浮気をやめさせることができるというわけです。
慰謝料請求をしておいて、それを取り下げる変わりに違約金の契約をするという方法もあります。

 

 

この方法の難しいところは、その浮気相手との決定的な証拠を掴んでいる必要があります。
たった1通のメールや着信履歴などでも浮気が決定的だと感じることはあるかもしれませんが、
あなたが黒だと確信するに至る証拠と法的に言い逃れのできない証拠ではまた違ってきます。

 

 

ですので、この際の証拠集めには探偵社を利用するのがいいでしょう。
なかなか自分で浮気調査をして証拠を集めて慰謝料請求までこなすという人はいません。

 

 

それだけ決定的な浮気の証拠を集めることは難しいということでもあります。
公正証書に関しても自分で作成することはできますが、文言などややこしい部分が多いので
弁護士などの専門家に依頼したほうがスムーズに話を進めることができるでしょう。